サブプライム問題のまとめ

サブプライムローン問題のまとめ:日々のニュースより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

利上げできないFEDとインフレの到来と中国の成長率低下

長いタイトルになってしまいました。

利上げできないFEDとインフレの到来:

バークレーズキャピタルよりいいレポートが出ていました。サブプライムローン問題で懸念材料だった、住宅ローンの金利上昇(いわゆる短期固定優遇金利期間の終了)問題が、FEDの利下げにより解決されたということです。

つまりこういうことです。住宅ローン金利が最初の2年間は5%固定で、その後金利がリセットされ公定歩合+3%みたいなローンを考えましょう。公定歩合が5.5%だった少し前、リセット後の金利は8.5%になってしまい、大変なことになるのですが、もうすぐ公定歩合が3%切りそうな状況だと、たとえ金利がリセットされても5%強。FEDの利下げバンザイです

ただし裏を返すと、サブプライムローンの金利リセットが大量に存在する2009年後半までは、FEDは金利を上げれません。そんな低金利を長く続けると何らかのバブルになります。多分、ドル安+インフレバブル、米国長期金利は上昇でしょう。アーメン。


中国の成長率低下:

いろいろな会社が今年の中国の成長率を8%台まで下方修正しています。要因は、米国経済鈍化による輸出に不振、国内の金融引き締め+逆資産効果、です。
中国経済の混乱の影響をまっさきに受けるのは経済一体化国家、日本です。こちらもアーメン。


FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい

自分のすきな言葉:
「すべて商売は、売って喜び、買って喜ぶようにすべし、売って喜ばす、買って喜ばざるも、正しき商売の道にあらず。貸借の道もまた、これと同じなり」 By 二宮尊徳
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。