サブプライム問題のまとめ

サブプライムローン問題のまとめ:日々のニュースより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ドル安からアジア不況へ

米国の債券市場の信頼がボロボロです。今度は、債券の信用保証会社が格下げされそうになっています。この会社は、債券を保障する代わりに手数料をもらうというビジネスを行っており、保証している対象は、サブプライムCDOから州債にまでおよびます。この会社が保障をつけていたサブプライムCDOからの損失により、自己資本が既存し格下げの危機となっています。格下げとなれば、

保障をつけている債券すべてが格下げ

保障している債券すべての価格が下落

となります。はっきり言って悪夢です。


問題はここから先です。
米国&ドルは、外国から債券市場への投資によって支えられてきました。その債券市場が信頼をなくしてしまいました。

米国債券市場への資金流入ストップ

米国クレジットスプレッド高止まり & ドル安

米国政策金利を下げても借り入れコスト下がらず&アジアの輸出不振

米国企業業績悪化&インフレ&アジア企業業績悪化、これって大恐慌?

となります。

サブプライム問題が、ドル&米国債券市場の信認にまで火をつけてしまいました。「中国が・・・」という意見もありますが、米国株がボロボロになる中、バブルの中国がいつまでもちこたえれるでしょうか。




FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい

自分のすきな言葉:
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。