サブプライム問題のまとめ

サブプライムローン問題のまとめ:日々のニュースより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ドル安、住宅価格下落、下がらない長期金利

ドル安続行中です。「サウジアラビアがドルペッグを廃止する」という噂が原因とのことですが、昨日書いたように中東諸国には、収入はドル、貿易相手はユーロ圏という大きなミスマッチがあり、自国通貨をドルに固定しておくと、ドルが弱くなるとユーロ圏からの輸入物価が大きく変動してしまうという構造的要因を抱えています。シリア、クウェートはすでにドルペッグを廃止しました。注目されていたのは、サウジよりもむしろUAEでした。サウジは米国とべったりでドルペッグの廃止はありえないと考えられています。

いずれにしろ、ドル安が進むとドル保有国は資産が目減りします。中東諸国がドルペッグを廃止したいと思うのは当然です。

ドル安の原因となっている米国金利の下落ですが、一つ気になるのは、「政策金利を下げても、長期金利は下がらない」ということです。

米国金利低下

ドル安、原油高

米国インフレ圧力増加

米国金利上昇へ

ここで問題になるのは、住宅価格への影響です。住宅市場を助けるためには長期金利の低下が必須です。ところが政策金利を下げても長期金利が下がらない、となると住宅市場への影響が気になります。


FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい


自分のすきな言葉:
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」

これロジャースじゃなくてバフェットだという指摘を受けました。まだ確認がとれません・・・。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。