サブプライム問題のまとめ

サブプライムローン問題のまとめ:日々のニュースより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

米国債の動向

米国債を取り巻く状況がよろしくありません。直接は「入札」という形で分かるのでしょうが、それ以外のニュースに情報てんこもりです。


まず、前回ご報告の通りロシアは米国債売り。ブラジルは外貨準備などから600億ドル相当を国内への融資に使用、サウジアラビア100億ドル以上の赤字、クウェート150億ドル以上のファンドを設立し金融機関へ支援。これって全部ドル建て「貯蓄」の取り崩しです。米国債は確実に売られます。データで確認できるのは来月ぐらいでしょうか。

別件でどこかで聞いた話なのですが、EIBやEBRDなどの欧州政府系機関の融資ってどうなるんでしょうかね?EIBなどは「AAA」の格付けで資金を調達し、いろんな国に融資してきました。融資が焦げ付きつつある今、だれがEIBなどを支えるのでしょう?

さらに別件。○シフィック○ールディングスが増資に失敗しましたね。中国の引きこもり政策の一環でなければよいのですが。

<今年の焦点>
・社債もMBSも「すべて国債」になってしまった米国の債券を世界のだれが買ってくれるか?
・今の原油価格では産油国は破綻する。破綻前にもだえて破片を飛び散らす国はどこか?
・欧州と中国の不良債権問題がどの程度深刻化するか?
・インターネットを止める国が出てくるか?

FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい
自分のすきな言葉:
「すべて商売は、売って喜び、買って喜ぶようにすべし、売って喜ばす、買って喜ばざるも、正しき商売の道にあらず。貸借の道もまた、これと同じなり」 By 二宮尊徳
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。