サブプライム問題のまとめ

サブプライムローン問題のまとめ:日々のニュースより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

予定通り韓国に注意します

さて、先日先々日と有益なコメントを頂いております。そうとう詳しい方からなので恐縮です。こちらも勉強を惜しまず正しい知識を身につけねばと身が引き締まる思いです。

さて、今日はBloombergニュースより:ちょいながいですが英語の勉強のつもりで・・・

Liquidity

Short-term liquidity worries of foreign bank branch offices in Korea
are intensified with global investment banks now in short-term fund shortages.
Foreign banks in Korea had been
borrowing U.S. dollars at low interest rates from their headquarters and received forward exchange sales from domestic
exporters, triggering the rise of the Korean won value and a sudden increase of short-term
foreign loans.

Despite financial authorities’ fervent regulations, foreign
banks constantly expanded the scale of loans borrowed from their headquarters
since last year, resulting in short-term foreign loan accumulation of deposit
banks to reach $19.9955 billion during the former half of this year.

Problems amassed when liquidity support to foreign
banks was severed from the headquarters, stripping away capabilities to further
accept forward exchange sales from exporting corporations and temporarily reducing the U.S. dollar supply in the FX market.

Meanwhile, the continued record-breaking export increase is spilling the dollars over the brim in Korea while on the
other hand, insolvent U.S. subprime mortgage loans are lacking dollar supplies in FX or its derivative markets.

The swelling liquidity problem of foreign
banks managed to pull down the won-to-dollar price by 9.0 won in a single day on
August 10 to hit 931.9 won. On August 13, the market closed with a slight climb at 929.6 won.

The FX fluctuation range widened further especially when the Bank of Korea (BOK) rejected several
foreign banks request last
Friday, of increasing dollar fund supplies to cover the shortage of foreign
exchange liquidity.

A BOK official said, “Some assert that BOK must make additional supply of
foreign exchange liquidity but this is mistaken. BOK cannot supply
liquidity to speculators who aggravate the won price jump via one-sided forward exchange sales in the FX market.”

[Dong-eun Lee / KHS]
[? Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]

ひとことでいうと、韓国の短期借入問題がきなくさくなってきました。ロイターでも

[ソウル 14日 ロイター] 韓国の権五奎財政経済相は、過剰な円キャリートレードは、10年前に起こったアジア通貨危機のような大規模な市場の混乱を引き起こす可能性がある、との認識を示した。財政経済省が14日、報道関係者に公開したメモで明らかになった。

と流れています。利上げにより不動産の高騰がとまり、株も止まってしまうとどうしようもないということでしょうか。

サブプライム含むCDOバブルの崩壊

クレジットスプレッドの拡大+ポジションのディレバレッジ

世界各地での低金利株高による好循環の終焉

バブっていた経済は破綻へ ←今はここ
米国住宅バブルも崩壊

これらの逆回転に新興国がどれだけ耐えられるか

米国景気が減速すると、今の石油価格が明らかに維持不可能。石油マネーは減速するか?

もうふたつのツインエンジン:中国と日本の低金利に陰りが見えるがどうなるか?

ストーリーとしては楽しいのですが、
自分の生活にも影響が出るので笑い事ではありません。

FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

社会的弱者の切捨て

韓国は、この9月、消費者金融金利66%から49%に引き下げることをすでに決めていました。国内貸金業者の金利が15~25%で、都銀プライム金利が8~10%といわれていましたので、信組借入で20%は不思議はありません。
金利と貸倒コストを除く営業費用が10%かかり、貸倒率15~20%ほどと見られますので、経費は、20+10+15=45%
すでに儲けが出ませんので、200~300万人相手の庶民金融は、大打撃をくらいます。これらは2000~2003年に、民事回生法やワークアウトプランによる債務整理に乗らなかったひとたちで、市場からシャッタウトされるでしょう。2003年には延滞者は400万人にも達していました。

外資系はGE、CITIが撤退し、日本系だけ。調達はプライム程度らしく、47-(8+10+15)=14% まだまだ儲かりますが、貸倒は20%以内にすることが条件になります。
さて、資金がつかなければ、どうするか。8->12%に上がる? 47-(12+10+15)=10%

ところで、アメリカではサブプライムで貧民につけていた金を回収して、日本では、金利18%で、年収300万円以下の低所得者には金をつけずに、韓国も同様。
一体この流れ、何が起こっているのか。まきき戻しの始まりは、社会的弱者からか。
ちなみに、今年のアコムのケースでは、収益(延滞率8%として)、金利コスト、販売管理費、貸倒(過払合計、2006年賀8+2=10%)
21%-(2.5+7.5+9+3)=-1%
来年になると、収益は18%に、再来年には17%になる。
もはや経営すればするほど、営業赤字になるので、貸金はドンドン回収されるばかり。











吉行誠 | URL | 2007年08月14日(Tue)22:41 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。