サブプライム問題のまとめ

サブプライムローン問題のまとめ:日々のニュースより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

逆回転と純回転

昨日の投稿の中で、「逆回転」という言葉を使ったので今一度整理します。逆回転と純回転が理解できれば、今回の問題はすっきり理解できると思います。

まず純回転。2003年以降起きていたことです。

米国地価上昇 → 購買力上昇&好景気 → 原油上昇&米国輸入増加 → 外国にドルが蓄積 → 海外勢が住宅ローン債券を中心にドル資産を購入 → 米国住宅ローンの基準緩和 → 始めに戻る

それに加えて、好景気でクレジットスプレッドが縮小 → CDSや不動産投信、新興国投資などの新規投資が活発化
という要因でしょう。一言で言えば、世界中で不動産の価格が上がって資産が増えて、資産が増えた分負債を増やして消費者の購買力が上がったということっでしょう。

その逆回転は・・・
地価下落 → 資産価値下落&購買力低下&不景気 → クレジットスプレッド拡大 → 海外勢が住宅ローン債券の購入を停止 &米国住宅ローンの基準厳格化 → 始めに戻る

それに加えて
クレジットスプレッド拡大 → CDSや不動産投信、新興国投資などの投資で損失 → 新興国などからの資金の引き上げで、新興国では金融危機
となります。

昨日も申し上げたことですが、純回転5年ぐらいで作り上げた環境がリセットされることをたった1ヶ月ぐらいで株価などは折込みにいっているため、こんな激しい動きになるわけで。


米国不動産を中心とした大きな山を登って滑り降りたわけですが、登って降りても元に戻らないものが2つあります。
1)米国に残された過剰負債とアジアと資源国の過剰ドル貯蓄
  米国の不動産の値上がり益が消費という形でアジアや資源国に移転し貯まりました。不動産価格が元に戻ったとき、米国に残されるのは過剰負債です。アジアや資源国に貯まった貯蓄は、どういう経路をたどるにせよ、米国を中心とした負債の穴埋めに使われます。中東SWFの米国金融機関への投資、IMFへの資金の拠出、今後増発される米国債の購入。このような形で世界的な資産のアンバランスが解決していくんだと思います。

もう一つが結構深刻
2)豊かさを覚えてしまった発展途上国の人々
発展途上国の人々に5年前の生活に戻って!といっても戻れません。しかし、今後来る不景気を考えると、現在の生活は維持できません。どんぞこの不景気になった時、好景気時には隠されていた
社会のひずみがいろんな形で表面化します。

その代表格は中○なのでしょう。中○経済の軟着陸を心から願っています。

FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい

自分のすきな言葉:
「すべて商売は、売って喜び、買って喜ぶようにすべし、売って喜ばす、買って喜ばざるも、正しき商売の道にあらず。貸借の道もまた、これと同じなり」 By 二宮尊徳
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。