サブプライム問題のまとめ

サブプライムローン問題のまとめ:日々のニュースより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今後の展開

公的資金注入プランが出揃って市場が落ち着きを取り戻しつつあります。
こういう展開になると確信してブログを書いたりしているわけですが、本当にこのような展開になってしまうのは非常に残念です。なぜならここから先は非常に厳しい状態が予想されるからです。

今想像しているのはこういう世界です。
「天気のいい秋の休日、河原でみんなでバーベキューをしていました。山の方で雷が鳴っていましたが気にせずバーベキューを続けていると、上流で降った雨が鉄砲水となり押し寄せてきました。突然の出来事に、皆中州に取り残されました。水はどんどん増水し今にも皆を押し流してしまいそうです。皆一箇所に固まって流れに耐えています。いつまで流れに耐えることが出来るでしょうか?」

皆で国際協調して、今後来るであろう「大需要不足、供給過剰」の世界に立ち向かおうとしています。皆で立ち向かうのですが、弱い人から流されていってしまいます。また、皆と仲良くない人は最初から流されてしまいます。仲が良くなくても一人で頑張れる力のある人は一人で頑張るのでしょう。

日本は明らかに弱い人の一人だと思います。債券市場の混乱と景気減速が国の財政を直撃しそうです。国債や地方債の発行延期、財政赤字の急拡大。極めて危険です。

弱くても仲の良い人というのは、IMFと話が出来るア○スランド、ウクライ○、ハン○リーなどでしょう。

仲が悪く流されそうな国は・・・今まで超強気だった産油国でしょうか。原油価格が暴落し、先進国からの貸し出しが停止し、ニッチもさっちもいかなくなりそうです。

強い人。中国&ロシアでしょうか。ただそれぞれ経済に問題を抱えているため、見通しは極めて不透明です。このどちらかが力尽きて流されてしまう時、他の仲良しグループを巻き添えにしないか注意を払っていきましょう。

世界恐慌で生じた大需要不足。それを国際協調で乗り切れず、戦時需要に頼った日本の歴史を繰り返さないことを祈っています。

とりあえず住宅ローンの金利を固定し、金と外貨を箪笥預金して将来に備えようと思います。

FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい

自分のすきな言葉:
「すべて商売は、売って喜び、買って喜ぶようにすべし、売って喜ばす、買って喜ばざるも、正しき商売の道にあらず。貸借の道もまた、これと同じなり」 By 二宮尊徳
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。