サブプライム問題のまとめ

サブプライムローン問題のまとめ:日々のニュースより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

中国のインフレ深刻化ですな

短期金融市場と米国のことばかりを気にしているわけでは
ありません。

中国でインフレがコントロール不能になりつつあります。
7月のCPIが年率で予想通り5%台の上昇らしいです。5月は3%台、6月は4%台と食料品を中心に上がっているそうですが、何がおきているのでしょうか?

経済をジャブジャブにして好景気を装ってきたわけですが、もうそろそろ化けの皮がはげてくるのでしょうか。じゃぶじゃぶにするとインフレになるんですよ!中国当局の方!

また世界経済のエンジンの一つがオーバーヒートですね。
株はやはり売り、中国株ももう終わりですね。

FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

議会の動きをフォロー

見落としが1件あります。
政治の流れです。Hクリントンと上院銀行委員会議長Doddに注目。
Hクリントンは、先週new hampshereで,住宅政策立案について法案提出を発表しています。
通れば市場を完全に冷え込ませます。
assignee liabilityを証券化の買い手業者にlender liabilityとして、債務との間でfradがあれば、そのknowledgeがあったとして、責任負担させることが入っています。assignee liabilityは、2003年はじめGAで、それを入れたpredatory lending lawを制定したら、S&Pが格付対象から外すと発表し、州の政府が、法律を施行しないように、骨抜きにし、S&Pにひれ伏したこと、先月通ったN.C.での新たな法律も、assignee liabilityを抜いています。それを入れるとは、勇猛です。NJでもNCと同じことが起こった。住宅ローン供給資金がストップするのですから。州政府には、補助金が出ないし。サブプライムをやめると貧困世帯補助をどうするという政治問題になった。
Hクリントンは、NC法と同じく、モーゲージバンカーとの付き合いをさせない基準や買い取り基準、モーゲージ・ブローカーの州登録認可制への移行、no docローンの禁止。与信基準は引き締めどころでなく、モーゲージバンキング制度が崩壊です。WellsFargoはすでに、外部買取ローンを8%と、自行ローン6.875%より1%以上高くして、事実上排除することになった。Washington Mutualも同じ。ローンをオリジネーとする組織などないだろうに。アメリカじゃ、モーゲージブローカーは、日本の保険のおばちゃんと同じだから、組織を切ったら、ローンをやめることになる。
収益が半減-->真水が入ってこない金魚鉢には、死んだ金魚ばかりで、dillusionがないから、損失率があがり、証券化のresidual価値が維持できず暴落。
民主は、それをサポートしているのが、下院フィナンシャルサービス委員会議長Barney Frank。6/14にSECに、予想される200万件のforeclosure防止対策として、証券化ローンの条件緩和しても、FAS140のQには矛盾がないとして、サービサーにもその権限があると質問状を出して、7/24Coxから、FASを無視して、QSPEに矛盾しないと意見をもらっていた議員。格付だけでなく、証券化のtrue saleなど、神聖売買にすぎないfictionに成り下がったとされ、いまや市場はAAA以外、信じられない様相に。もっともサブプライムAAAの格付引き下げがなかったのは、政策的か。それを下げてしまったら、25%部分でなく、75%の部分、レバの借りいれ部分に及ぶことになるので、AAAは神聖不可侵sacred cowにしておきましょうと、ブーヅー教占い師。
クリントンとFrankはふたりとも東部です。

それに反対するのが、上院Dodd。彼は、4月5月にSchumer議員によって出されたforeclosure防止策やモーゲージバンキング制度改革法に、大反対し、FDIC、FRB、SECを呼びつけて、監視しないで証券市場をこんなことにした責任をお前らでつけろと、脅すばかり。Blair女史は、業界責任者を密室に集めて、責任をとらせようと。今や業界は、CDOで切り刻まれて、利害合わずに足並みそろわず。その間に、ベア問題が出てきて、最悪の状況になってきた。

DoddはGSEにたいして、ローン・ポートフォリオ保有上限引き上げ、サブプライムの購入も目指していたが、ブッシュは、与信を緩めるのは見送るようにと、先週の財務省コンフェランスで伝えた(Dow Jonesで流れた)。そのかわり、FHAのリフォームを提案し、low-income層に対する保証を加えるようにと制度改革を唄いはじめた。
でも今頃制度改革に着手しても、サブプライム問題は片付かない。なんといっても、
サブプライム残高...8000億ドル
no doc Alt-A ..... 7000億ドル
HEL .... 大手行だけで一行あたり900~500億ドルある。
すでに住宅価格の急落でHELまで、延滞率は急増してきて、ムーディーズは、HELもサブも違いがないのいがあるとまで言う始末。
200兆円を上回ります。損失は、どれだけ出るというのか。40兆円?それさえも見えない。

ブッシュ法案は、通過しても、サブプライム問題が終焉しないと、施行しないそうです。





吉行誠 | URL | 2007年08月13日(Mon)13:49 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。