サブプライム問題のまとめ

サブプライムローン問題のまとめ:日々のニュースより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

リーマン倒産その後を考える:問題は「資本不足」

PIMCOのひげおじさんが問題の本質を指摘していました。
流動性ではなく、「資本不足」と。

この意見に実は大賛成です。

今まで起こったことをまとめます。米国では家計と住宅価格を中心に資産が増え、住宅ローンを中心に負債も増え、経済が拡大していきました。

ところが、住宅価格が下落すると、信用コストが上がり負債が増えます。信用コストが上がると株価が下がります。住宅価格も下がっているので資産が減ります。つまり、資産が減って負債が増えるという「負債超過」の状態になるわけです。

負債超過は家計では「住宅ローン等の延滞」という形で現れ、金融機関レベルでは損失という形で累積され、とうとう米国の金融機関は負債だらけになってしまったのです。

負債が多いなら、資本を調達する必要があります。最初、中東のドアをノックして、数兆円お金をわけてもらいました。しかしそのお金はすぐに損失で消えてしまい、中東はドアを閉ざしてしまいました。今まで空いていたサムライ債という窓も、今回リーマンのおかげで完全に締め切られてしまうことでしょう。他にも優先株や社債という窓もありましたが、すべて損失で消えてしまったため、窓を閉じられてしまっています。

世の中お金はジャブジャブあります。しかし、米国に無条件で出資できる性質のお金はビタ一文ありません。これが「資本不足」の原因です。経済のグローバル化で資本が国境を越えて蓄積されてしまったがために、米国のお金ではなくなってしまったのでしょう。

今回のリーマンの事件で、もう外部からお金を調達する窓口はなくなってしまいました。残された方法は米国財務省がドル札をたくさん刷ることだけでしょう。

グローバル経済の減速とエマージング投資からの資金回収 → ドル高
公的資金の注入と米国債の増発 → ドル安
軍隊の出動と国際情勢の緊迫 → ドル高?スイスフラン高?

この3つのバランスを注視しています。

FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい

自分のすきな言葉:
「すべて商売は、売って喜び、買って喜ぶようにすべし、売って喜ばす、買って喜ばざるも、正しき商売の道にあらず。貸借の道もまた、これと同じなり」 By 二宮尊徳
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。