サブプライム問題のまとめ

サブプライムローン問題のまとめ:日々のニュースより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

米国住宅事情の憂鬱:やはり公的資金が必要

米国の住宅ローン市場の現状を
元さんのブログ
が詳しく報告してくれています。

サブプライムだけでなく、そのひとつ上のAlt-A、さらにその上のプライムの住宅ローンにまで、貸し出し基準の厳格化(貸し剥がし?)が広がっているようです。

住宅ローン会社は、サブプライムやAlt-Aなどの「ハイリスク住宅ローン」をCDOとして証券化(現金化)して手数料商売をしていましたが、報告済みのCDO市場の崩壊により、それらのローンを自分で抱えるはめになっているようです。おかげで資金繰りに窮し、貸し剥がし?に至っていると推測します。

住宅ローンの貸し出し基準の厳格化は、住宅販売の現象に直結します。先日発表になった某高級住宅会社の第3四半期の決算では、契約済み住宅のキャンセル率が30%~40%とか。むちゃくちゃです。たぶん、住宅ローンが組めなかったものと推測します。

住宅の在庫は積みあがっているため、「値下げやインセンティブで頑張るのですが、肝心のローンがつかない」、もうメロメロです。

CDOという魔法の箱で生じたサブプライム住宅バブルです。最後はファニーメイなどの政府機関が損失覚悟で買い取る以外、解決方法はないと思います。

少し見えてきました。サブプライムの部分は、最終的に米国政府が被るとして、それ以外はどうしましょうか。FEDもECBも今のようなCapacityパンパンの経済状況で利下げはできません。株がもう少し下がり、経済が減速し、インフレ圧力が低下するまでどうしようもないでしょう。

株でいうと売り、円買い外貨売り、米国REIT売りですな。

FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

中央銀行の短期の資金供与の必要性

中央銀行の短期の資金供与の必要性については、以下にあります。

http://www.ft.com/cms/s/8eebf016-48fd-11dc-b326-0000779fd2ac.html

以下にはそのコメント入れてみました。
http://blog.goo.ne.jp/critic11110/e/7d87df9b11c8672d39e161daa4fff3c9

吉行誠 | URL | 2007年08月14日(Tue)18:54 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。