サブプライム問題のまとめ

サブプライムローン問題のまとめ:日々のニュースより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

市場変動の拡大 (追記)ABS下落中

市場が再び大変動しましたね。

EURは急落、ドルが急騰、AUDやNZDもかなり危険。コモディティや金も暴落。大きなポジションのまき戻しが発生したっぽいです。

この大変動ですが、きっかけは「米国政府による商品市場への(口先?)取引規制と株の空売り規制
」だと理解しています。

膨らんだ風船にチクッと穴をあけたわけで、ポジションは全部きれいになります。


この大変動の結果どうなったか?というと、相当の人たちが損をしたと思います。別の言い方をすれば、レバレッジをかけてポジションをとるいわゆる「投機家」は大損をしたのではないでしょうか。絶対収益を求めて商品や株の空売りという避難所に逃げ込んだ人たちが全滅しました。大災害がおきて、皆で避難していたところを、政府が邪魔だということで押しつぶしてしまいました。

思い出してください。今は全世界で大規模にレバレッジが解消されていっています。レバレッジが解消するということは、世の中で流通するお金が減少していくわけで、今回みたいに市場に大きな波が何度も生じて、レバレッジをかけてポジションをとっているとよっぽど神様でない限り損をします。安全地帯は現金と国債以外ないのです。安全に見えるところは全部潰れていきます。

書いている間にAUD/JPYが下値をわってきました。97円ですか。そろそろ危ないですね。

(追記)
書き忘れましたが、7月後半からABSの価格下落が加速しています。CMBSも再び下落が加速しています。見える市場の変動が高まる裏で、見えない市場でも相当混乱が拡大しているようです。



FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい

自分のすきな言葉:
「すべて商売は、売って喜び、買って喜ぶようにすべし、売って喜ばす、買って喜ばざるも、正しき商売の道にあらず。貸借の道もまた、これと同じなり」 By 二宮尊徳
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。