サブプライム問題のまとめ

サブプライムローン問題のまとめ:日々のニュースより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

中国政府がインターネットを止めるとき "When Chinese government shuts down the internet"

※今日は2件あります。↓も見てください。 English version is below ↓

今日は「コモディティ」以上に長い間考えていた問題です。一つの答えが出た気がします。お付き合い下さい。

米国の負債は、1995年ごろを境目に、増加を始めました。日本株では、バリューのファクターが急激に効き始めました。思い出してみると、1995年以降、世界が何か変わった気がします。

何か?Win95の発売とインターネットの普及です。

インターネットの普及により情報の効率性が一気に上がりました。しかし、情報の効率性の向上は、「人々の嗜好心」を刺激しました。

お金の移動速度が速くなり、借り入れは増え、デイトレが普及し、世界すべてが賭場になりました。
人間単純なもので、「よりいいモノ」があるとそれが欲しくなるのです。
「医師が都会に集まる」というの医師偏在の問題も当たり前です。田舎より都会の方が仕事の環境はいいにきまっています。昔はなかった都会の情報が今は簡単に手に入るのです。

少し脱線しましたが、今の「世界中が賭場」という環境はインターネットがもたらしたものとほぼ確信しています。

今の資源高は「世界中が賭場」の結末でしょう。じゃあこの「賭場」の崩壊のトリガーは何か?を考えました。出た答えを一言で言えば、「中国の経済が資源の消費が伸びなくなるほど混乱に陥った時」です。じゃあ何がそのトリガーを引くかを考えていました。暴動?共産党支配の崩壊?いろいろありますが、最後に思いついたのは、「中国政府による国内インターネットの切断」です。中国国内で不満が高まり暴動などがひどくなると、情報統制をしかなければなりません。そのための「インターネット切断」です。その代償は極めて大きく、ビジネスはほぼストップするでしょう。証券市場も停止、経済は大混乱、でも情報統制のおかげで国は安泰でしょう。

こうなると、中国の資源消費の伸びは激減します。資源価格も暴落します。願わくは中国国内の混乱が外に向き、戦争にならないことですかね。1990年後半にやってきた”恐怖の大王”とはインターネットのことのような気がします(オカルト)。


FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい

自分のすきな言葉:
「すべて商売は、売って喜び、買って喜ぶようにすべし、売って喜ばす、買って喜ばざるも、正しき商売の道にあらず。貸借の道もまた、これと同じなり」 By 二宮尊徳
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。


Commodity bubble is a serious problem, but there is more serious issue in my mind. I think I have an answer today.

Working in financial industry, we can see the world changed around 1995. In US, consumer debt started to increase. In Japanese equity, "value factor" began to work suddenly.

Do you remember what was happend around 1995? Yes, Windows95 was on sale and the internet started to be in public.

The prevailing of the internet improved the efficiency of information exchange, but it also stimulated "gambling preference"of people.

As a result of the widespread of the internet, money has moved quickly over the world, it has made people easy to borrow money, it has made day-trading easier and the world has became "gambling parlor". I think that human beings have a tendency to be attracted to good and delicious things, so more easier people can get information, the more they go to urban, fun and gorgeous place.

I belive that the widespread of the internet brings this terrible gambling world and current commodity price issue which is the end of the story.

I am talking about the internet, because I would like to talk about the end of commodity bubble story. I expect that the end of commodity bubble comes when the growth of commodity comsumption of China, the largest consumer, decreases dramatically, maybe by violence or disruption of Communist Party or something else. Today, I think of one event which triger economy disruption.

Yes, it is when Chinese government shuts down the domestic internet network. The government need to shut down the internet to control information when inflation is up and many violences occur. The government may be happy, but it causes magnificant impacts on business, security market and economy.

As a result, China stops using commodity and price tumbles down. I just hope that the disruption of Chinese economy does not go outside nor cause the war.

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。