サブプライム問題のまとめ

サブプライムローン問題のまとめ:日々のニュースより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

最後は新ドル札発行か

資源高で大変なことになってきましたね。
米国の第一四半期の貿易赤字が前期プラス(赤字拡大)だったそうです。


ご存知のように米国には巨額の貿易赤字があります。従来、「米ドルを切り下げればこの赤字はなくなる」と考えられていました。詳しく書くと、

黒字                 赤字国
中東など資源国          基本的に米国
日本などアジア諸国

という構図で、ドルが切り下がることで黒字は減り、赤字も減り、国際不均衡は解消に向かうはずでした。

ところが、FEDが政策金利を引き下げてドル安を引き起こした今回何が起こったか?

ドルが安くなり米国の輸出は好調ですが、ドル安に刺激されて資源価格が上がり、輸入も増えて貿易赤字が減らなかったのです。米国の貿易赤字は減らず、その代わり資源高でアジア諸国の貿易黒字が減り、資源国の貿易黒字がさらに拡大するという最悪の結果になってしまいました。

資源価格の上昇で、ドル安でも米国の借金はさらに拡大、その借金の貸し手はロシアも含む資源国です。この状態を米国はどれだけ続けられるでしょうか?

続けられなくなったとき・・・ドル安でリセットできない借金をリセットするには、新ドルを発行/切り替えをするしかないのではないでしょうか。


FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい

自分のすきな言葉:
「すべて商売は、売って喜び、買って喜ぶようにすべし、売って喜ばす、買って喜ばざるも、正しき商売の道にあらず。貸借の道もまた、これと同じなり」 By 二宮尊徳
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。