サブプライム問題のまとめ

サブプライムローン問題のまとめ:日々のニュースより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

(追記)NZDをお持ちの方へ & リーマンが傘下のマネーファンドを救済-資産18億ドル引き取り

ブルンバーグより。

たぶん先月のCDOやCMOの価格暴落の影響でしょう。さらに同様の事例が出ると思います。これをバランスシートに引き取ってどうするのか・・・。がんばれ!リーマン。

(追記)
NZDをお持ちの方へ
ニュージーランドの住宅が弾けています。売上げは前年比-53.3%。問題は価格で、中央値価格はまだ下がっていません。本当か?相当インセンティブを払っていると想像します。米国と同じで、いったん価格が下がり始めると住宅価格は暴落します。
住宅暴落

消費&景気急減速

利下げ

通貨安

です。


FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい

自分のすきな言葉:
「すべて商売は、売って喜び、買って喜ぶようにすべし、売って喜ばす、買って喜ばざるも、正しき商売の道にあらず。貸借の道もまた、これと同じなり」 By 二宮尊徳
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

IMFについて

いつも貴重なコメントありがとうございます。先日IMFレポートについてとりあげて頂きましたが、マーケット一般のとらえ方は「またかよ」とか「いいかげんにしろ」なんてのを非常に多く見ます。個人的には前専務理事のラト氏あたりからアメリカの犬を返上するようなレポートや発言が多いかなと思い始めているのですが、アメリカの犬って認識があまりに一般的で大衆紙くらいしか真面目に取り上げていないことが情けなく感じます。そのあたりどうお考えでしょうか?

通行人 | URL | 2008年04月12日(Sat)00:25 [EDIT]


Re:IMFについて

コメントありがとうございます。

IMFのレポートですが、USの成長率やサブプラムロスのことばかり指摘されていますが、全部読んでみると非常に内容の濃いものになっています。

具体的には、住宅市場変動の経済に与える影響と、新興国の現状について書かれています。損失の話だけですと「またかよ」という反応になると思いますが、
住宅市場の経済への感応度が高い

世界的にリセッションになる可能性が高い、かつ米国の低成長が長引く
というロジックなので、個人的には読み応えのあるものでした。

ヘッドラインだけで考えると真面目に取り上げる価値のないものなのでしょうね。記事を書く記者が原文を読まずに記事を書いている現状がよくわかります。IMFがどうのよりも、新聞記者のレベルが低下しているのではないかと疑ってしまいます。



Tennisnotsubo | URL | 2008年04月12日(Sat)16:37 [EDIT]


次は・・・

豪州の住宅市場ですかね。RBAのレポートを見る限り、豪州の住宅価格はまだ上昇トレンドを維持しているようですが・・・。

同じ資源国通貨で今までは豪$、Kiwiより安定していたカナダ$が弱くなっているので、豪$もいよいよかなぁと思って見ているところです。

Eco | URL | 2008年04月13日(Sun)19:46 [EDIT]


豪ドル

豪ドルは、資源高と中国への輸出次第と考えています。
ただご指摘の通り、住宅は価格上昇がすさまじく、懸念材料の一つです。サブプライム以後、オーストラリアでも住宅ローンの証券化が止まってしまい、豪州の銀行は自分のバランスシートを膨らませる形で住宅ローンを市場に供給し続けています。おかげで昨年夏以降銀行の貸し出しが急膨張しており、住宅市場動向への感応度がさらに高くなってしまっています。住宅が下落すると経済がめちゃめちゃになるというのは世界共通なんでしょうね。

Tennisnotsubo | URL | 2008年04月14日(Mon)05:43 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。