サブプライム問題のまとめ

サブプライムローン問題のまとめ:日々のニュースより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

火がついてきた中国経済 & アジア通貨

中国経済に火がついてきたようです。

温州の中小企業2割が操業停止、コスト上昇が致命傷
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0328&f=business_0328_003.shtml
靴類輸出激減、企業撤退激増「労働集約型限界説」も
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0328&f=business_0328_002.shtml
中国工業利益、前年比16.5%の伸び、12月の36.7%から急減速

もともとこの辺りの産業は元高原材料高のため本業は収支トントンで、利益は株式市場への投資で上げているという所があったと記憶しています。そこにきて株式市場の急激な下落で潰れてしまった所が多いのだと認識しています。(未確認、というか確認する術なし)。

経済が荒れると治安が荒れます。政情が荒れます。どうして世の中の人はこのことを話題にしないのでしょうか?日本経済が抱える爆弾の一つです。


もう一つ、最近アジア通貨の変動(ボラティリティ)が上昇しています。特に米国の影響が大きいタイバーツ、韓国ウォンなどが中心です。ボラティリティの上昇はレバレッジの縮小、投資の縮小、マネーフローの減少を招きます。世界的なボラティリティの上昇がアジア全体にもじわじわ波及しています。

中国が荒れると一番影響を受けるのはオーストラリアドルでしょうか・・・。

FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい

自分のすきな言葉:
「すべて商売は、売って喜び、買って喜ぶようにすべし、売って喜ばす、買って喜ばざるも、正しき商売の道にあらず。貸借の道もまた、これと同じなり」 By 二宮尊徳
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。