サブプライム問題のまとめ

サブプライムローン問題のまとめ:日々のニュースより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ベアの破綻に備えましょう:(追記)カウンターパーティーリスクが現実化

やはりベアスターンズは危なかったのですね。どれぐらい危なかったのか調べていないので分かりませんが、FRBが救済に乗り出したことや、格付け会社が格下げしたことから本当に危なかったのですね。

JPモルガンが救済合併を模索と言われていますが、JPにもそんなに余裕はあるのとは思えません。日本と違いピュア資本主義の世界なので、うまくいくとは思えません。あくまでも自分の感想ですが。

ベア社がS&PにトリプルBまで3ノッチ格下げされました。他社も追随するでしょう。この格付けでも仕事ができるのでしょうか?
ベア社との契約でのいわゆる「格付けトリガー」「カウンターパーティーリスクトリガー」がいたるところで議論されると思います。どれぐらい発動されるか、週明け以降注視したいと思います。

(追記)
某M証券会社はベアとの取引を停止したっぽいです。いろんな運用会社でも対ベアとのポジションを清算するかどうか判断を迫られると思います。この流動性のない状態で皆でポジションの清算に行くと。。。。とりあえず1週間ぐらい市場を取引停止にしたほうが・・・



FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい

自分のすきな言葉:
「すべて商売は、売って喜び、買って喜ぶようにすべし、売って喜ばす、買って喜ばざるも、正しき商売の道にあらず。貸借の道もまた、これと同じなり」 By 二宮尊徳
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ベアの破綻に備えましょう、とは

ひょっとしたらとは思っていましたが、本日は更新されていて、ラッキーでした。
さすがに、他とは、一味違います。このタイトル。このブログを読ませて頂いてきましたが、これから何が起こるのか、全くわからない、と読む方も突き放されてしまいます。ベアスターンズは、MBSにも全米一とかいうブログを読ませてもらったばかりですし。

その他 | URL | 2008年03月15日(Sat)09:11 [EDIT]


いつもながら言葉足らずで

すいません。

ベアスターンがどういう証券会社で、どういう意味合いがあるかということは個人的に気になりませんでした。

それより今後の証券市場への影響が気になったのでこういうブログになったわけです。何が起こるか分からないのではなく、「起こらないで欲しい」という願望を込めてはっきり書いていないというのが自分の本意です。個人的にはかなり悲観的なので、そのへん行間を読み取って頂けると幸いです。




Tennisnotsubo | URL | 2008年03月15日(Sat)20:36 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。