サブプライム問題のまとめ

サブプライムローン問題のまとめ:日々のニュースより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ドル安でGO!

久しぶりの更新です。
最近更新できなかったのは、実は会社のPCからこのブログにアクセスできなくなってしまったことと、あと基本的に大きなリスク要因がなくなったので書く必要がなかったということでしょうか。
何はともあれ、平和はいいことです。



さて市場ですが、ドル安のスイッチが入ってしまいました。理由としては、今まではドル安をコモディティ高で相殺できていた市場参加者が、商品市場から締め出しをくらって金銀などの貴金属に流れ、金が1000ドルを突破してしまったことがスイッチになったようです。ドルが目減りしてヘッジができないということで、皆ドルから本格的に逃げ出しているようですね。
書けば長くなるのですが、「商品市場の取引規制」これがドルにとって致命傷になった可能性が高いです。

ドル安で困るのは中国と資源国。どこまでドルを買い支えてくれるでしょうか?

世界景気はどうか?世界中で景気対策を行い、景気対策に酔ったノリピーがいっぱいの状態です。この状態はどうにも止まりません。中国製タイヤで米国と中国の関係がぎくしゃくしてきました。今の微妙な世界経済の安定ですが、壊れる時ももろいものかもしれません。

<今年の焦点>
・社債もMBSも「すべて国債」になってしまった米国の債券を世界のだれが買ってくれるか?
⇒ ドルがあまっているため、FRBの買い入れも含めて問題なさそう
・今の原油価格では産油国は破綻する。破綻前にもだえて破片を飛び散らす国はどこか?
⇒ 原油価格上昇で解決!
・欧州と中国の不良債権問題がどの程度深刻化するか?
・インターネットを止める国が出てくるか?

FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい
自分のすきな言葉:
「すべて商売は、売って喜び、買って喜ぶようにすべし、売って喜ばす、買って喜ばざるも、正しき商売の道にあらず。貸借の道もまた、これと同じなり」 By 二宮尊徳
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。