サブプライム問題のまとめ

サブプライムローン問題のまとめ:日々のニュースより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

揺らぐアメリカの連邦制

これは全くノーケアでした。カリフォルニアは確かにあぶないと思っていましたが・・・


田中宇の国際ニュース解説
http://tanakanews.com/090218UnitedStates.htm




<今年の焦点>
・社債もMBSも「すべて国債」になってしまった米国の債券を世界のだれが買ってくれるか?
・今の原油価格では産油国は破綻する。破綻前にもだえて破片を飛び散らす国はどこか?
・欧州と中国の不良債権問題がどの程度深刻化するか?
・インターネットを止める国が出てくるか?

FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい
自分のすきな言葉:
「すべて商売は、売って喜び、買って喜ぶようにすべし、売って喜ばす、買って喜ばざるも、正しき商売の道にあらず。貸借の道もまた、これと同じなり」 By 二宮尊徳
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。


スポンサーサイト

PageTop

現実逃避

残念ながらVIXははっきり上抜けしてしまったようですね。米国住宅ABSは値下がりしてますし、次は何が起こるか?非常に怖く予想不能です。



というわけで現実逃避ネタ。
GoogleEarthで、アトランティスの跡らしきものがカナリア諸島沖で見つかったという話がありました。実は私この手のネタ大好きで、「ムー」という雑誌も愛読しておりました。

昔の地球の自転はもっと早かった(遠心力大→体重が軽く感じる)という説があります。恐竜を見て分かるのですが、あのサイズの動物は現在の地球の重力では体重を支えることができず、存在できません。象ぐらいが限界のはずです。

じゃあ、なぜ早かった自転が遅くなったか?大量の水や土砂が地球外部からやってきて質量が重くなった、その出所は月、月が地球の重力圏に捕まった時、月内部のいろいろなものが地球に降り注いだ、と考える人がいるそうです。
その過程が、アトランティスの沈没やノアの箱舟やらの天変地異という話だそうで、それはそれで非常に面白いような気がします。地球の海は昔はもっともっと小さかったのかもしれませんね。

<今年の焦点>
・社債もMBSも「すべて国債」になってしまった米国の債券を世界のだれが買ってくれるか?
・今の原油価格では産油国は破綻する。破綻前にもだえて破片を飛び散らす国はどこか?
・欧州と中国の不良債権問題がどの程度深刻化するか?
・インターネットを止める国が出てくるか?

FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい
自分のすきな言葉:
「すべて商売は、売って喜び、買って喜ぶようにすべし、売って喜ばす、買って喜ばざるも、正しき商売の道にあらず。貸借の道もまた、これと同じなり」 By 二宮尊徳
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。


PageTop

政府保証債大量発行のとばっちり

先日お見せしたVIXですが、何とか踏みとどまっています。このまま頑張ってほしいものです。



さて、今日はBloomgergのニュースから。

新興市場債は借り換え困難に、欧米国債の増発で-RBCキャピタル


【記者:Patricia Lui】
  2月20日(ブルームバーグ):RBCキャピタル・マーケッツは19
日付のリポートで、欧米国債が増発されることにより、新興市場債が発
行市場から締め出されるため、新興国は対外債務の借り換えが困難にな
るとの見通しを示した。

RBCの新興市場調査担当グローバルヘッド、ニック・シャミー氏
はリポートで「主要7カ国政府の資金需要は近く爆発的に拡大する。米
国と西欧諸国の資金需要は昨年の1兆ドルから3倍増え、2009年には3
兆ドルになる」と指摘。「欧米企業も大規模な起債を計画中であり、新興
国に残された余地はほとんどない」との見方を示した。

リポートは、輸出に加えて外国資本による直接投資や株式投資が減
少し、新興国通貨を圧迫していると説明。投資家は「過去60年間で最大
規模の新興市場資産売り」を仕掛けることになろうと予想している。具
体的な通貨には言及していない。
--------------------------------
12月以降、金融機関は貸出もそこそこ、米国や英国などの政府保証債を買い続けています。
なぜならこれで十分だからです。クレジットリスクはほぼゼロ。しかも高い利回り。なぜ好き好んでエマージング諸国に投資する必要があるのでしょうか?お金の引っ張り合いの勝負は完全に先進国の勝ち。エマージング諸国は地獄へと落ちてしまいます。

<今年の焦点>
・社債もMBSも「すべて国債」になってしまった米国の債券を世界のだれが買ってくれるか?
・今の原油価格では産油国は破綻する。破綻前にもだえて破片を飛び散らす国はどこか?
・欧州と中国の不良債権問題がどの程度深刻化するか?
・インターネットを止める国が出てくるか?

FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい
自分のすきな言葉:
「すべて商売は、売って喜び、買って喜ぶようにすべし、売って喜ばす、買って喜ばざるも、正しき商売の道にあらず。貸借の道もまた、これと同じなり」 By 二宮尊徳
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。


PageTop

中川さんの功績 & VIX上抜けか?

中川さんが辞任しました。彼は素晴らしい功績を残してくれました。
彼の辞任の影響で、日本のCDSが60ぐらいから130までジャンプしました。英国などとほとんど同レベルです。日本という国がどれだけ危ないか、世界に知らせてくれたという意味で極めて功績は大きいと思います。ついでにいうと、総選挙の次期を早めたという意味でも功績が大きいかもしれません。
 その影響かどうか分かりませんが、あまり円高が進んでいません。最近ソブリンのCDSの方向に為替がひっぱられているように見えていたので、日本のCDS上昇は日本経済にとって非常にポジティブです。


また、補足ですが、VIXが再び上昇を始めたように見えます。自分はテクニカルアナリストでもなく、VIXというボラティリティ指数でテクニカル分析する意味があるかどうかは極めて不明ですが、とてもきれいなチャートです。東欧を始めとするエマージング諸国が荒れてきており、チャートポイントとニュースのタイミングがぴったり。さらに市場が荒れるのでしょうか。
VIX20090218


<今年の焦点>
・社債もMBSも「すべて国債」になってしまった米国の債券を世界のだれが買ってくれるか?
・今の原油価格では産油国は破綻する。破綻前にもだえて破片を飛び散らす国はどこか?
・欧州と中国の不良債権問題がどの程度深刻化するか?
・インターネットを止める国が出てくるか?

FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい
自分のすきな言葉:
「すべて商売は、売って喜び、買って喜ぶようにすべし、売って喜ばす、買って喜ばざるも、正しき商売の道にあらず。貸借の道もまた、これと同じなり」 By 二宮尊徳
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。


PageTop

二人三脚は一人では転べない・・・ロシアの巻

今朝の日経の記事がいろんな所で波紋を呼んでいるようです。まあそのうち来るだろうと思っていたことではありますが、やはり早い、こんな早くこの状況になるとはというのが感想です。金利の引き上げ、格付けの再引き下げが行われそうです。
それにしても、日経はどこから情報を?ソースは?なぜ総額をしっている?FTよりはやく?と考えると、ロシア側からのリークかなーと邪推してみたりもします。



ロシアは、手持ちの米国Agency債を全部売ってしまい、今は国債に手をつけているっぽいです。がんばるところまでは頑張るでしょうが、限界が来ます。限界が来たときに、ガス価格値上げなどの強硬措置をとってくる可能性も否定できません。今回の銀行融資繰り延べの話も然り、結局被害を受けるのは欧州です。ロシアと欧州は二人三脚状態ですので、ロシアが転ぶと欧州も転びます。

そういう言い方をすると、日本と中国とアメリカは三人四脚なのでしょうか。北方領土を売ってくれればいいのに。

<今年の焦点>
・社債もMBSも「すべて国債」になってしまった米国の債券を世界のだれが買ってくれるか?
・今の原油価格では産油国は破綻する。破綻前にもだえて破片を飛び散らす国はどこか?
・欧州と中国の不良債権問題がどの程度深刻化するか?
・インターネットを止める国が出てくるか?

FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい
自分のすきな言葉:
「すべて商売は、売って喜び、買って喜ぶようにすべし、売って喜ばす、買って喜ばざるも、正しき商売の道にあらず。貸借の道もまた、これと同じなり」 By 二宮尊徳
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。