サブプライム問題のまとめ

サブプライムローン問題のまとめ:日々のニュースより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

IMFのエコノミスト

IMFのエコノミストの発言です。Bloombergより。
全く同感です。トレンドの継続、世界的なリセッション、産油国の供給抑制、これがキーワードでしょう。



【記者:Christopher Swann】
5月27日(ブルームバーグ):国際通貨基金(IMF)のエコノミストは
27日に発表した研究報告で、原油価格が大幅に上昇した場合、世界的なリセッ
ション(景気後退)を招きかねないとの見通しを示した。

IMFのヌールディン・クリチェン氏は研究報告で、原油価格が近いうちに
下落すると考える理由はないと指摘。原油市場の安定化には恐らく「慎重な金融
政策」が必要になると分析した。

  同報告書は「短期予測としては、現在見られるトレンドが持続することにな
るだろう」と予想した上で、「他の商品相場の激しい動きや、通貨の下落、金融
市場の悪化を考慮すれば、世界的なリセッションを招くことなしに、最近の原油
相場のトレンドがさらに継続することはないのではないか」と予測した。

  また「現在のトレンドの持続は激しい商品の高騰を招き、結局は維持できな
いことになり得る」と指摘。「より懸念されるのは、産油国が世界の埋蔵資源の
急速な値下がりへの懸念を強めていることだ。これは原油供給を抑制しかねな
い」と説明した。


FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい

自分のすきな言葉:
「すべて商売は、売って喜び、買って喜ぶようにすべし、売って喜ばす、買って喜ばざるも、正しき商売の道にあらず。貸借の道もまた、これと同じなり」 By 二宮尊徳
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。



スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。