サブプライム問題のまとめ

サブプライムローン問題のまとめ:日々のニュースより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新年の抱負:自分の知識の使い方

新年明けましておめでとうございます。皆様年末年始いかがお過ごしでしたでしょうか?本年も少しでも有用な情報を少しでも早くお届けできたらと思っております。どうぞ本年もよろしくお願いします。

さて、今回はタイトルの通り「新年の抱負」です。

こちらのレポートからいい言葉を見つけました。
http://www.tsr-net.co.jp/new/report/1177757_819.html

「すべて商売は、売って喜び、買って喜ぶようにすべし、売って喜ばす、買って喜ばざるも、正しき商売の道にあらず。貸借の道もまた、これと同じなり」 By 二宮尊徳

あまりにいい言葉なので下↓の自分の言葉に追加してしまいました。まさにサブプライムローンの問題の対極にある言葉だと思います。

この言葉に反応したのには実は伏線があります。年末に田舎の実家に帰り、久しぶりに親戚一同と過ごした時の話です。

昔ながらに親戚一同が集まり、座敷でお酒を飲み、楽しいひと時を過ごしていました。そんな団欒の中、突然「サブプライムローン」の話が出てきたのです。
自分の両親を含め叔父叔母などいわゆる「団塊の世代」の人々は、「退職金+年金」で生活を送っているのですが、お金をどうしていいのか非常に不安に思っているとのことでした。そういう所に地銀の販売員からいろいろな商品の勧誘がしょっちゅうあり、どうしたらいいか迷っていて、アドバイスが欲しいと率直に相談してくれました。

日本人の鏡のような非常に真面目な年配の人たちは、お金はあってもお金に関する知識はほとんどありません。そういう人たちがお金と自分の将来に対して不安を抱くことは当然です。そういった不安を取り除くために、地銀などにFPがいるはずなのですが、実際は単なる手数料稼ぎに陥ってしまい、不安を取り除くどころか、より不安を煽っているのが現実に近いのではないでしょうか。

サブタイトルに「自分の知識の使い方」と書いたのはこういうわけです。自分自身先述の親戚を含め、いろいろな人の力を借りてここまで育ってきたと思っています。自分に金融の知識があるのなら、その知識を人の不安を取り除くために使いたいです。

サブプライムローン問題は、相当部分下火になっています。あと残っているのは、「ヘッジファンド絡みのCDOとそれに対するプライムブローカーのローン」のみ(だけど100兆円以上)だと思うのですが、これがもし存在するとすると、CDOに実現損が出てくるまで出てきません。日本の損失隠しと同じで、当局もすべて皆グルだからです。

完全に政治マターになってしまったサブプライムローンも含めて、お金の運用をどうすればいいのかをまずは親戚用にドキュメントを作る予定です。

お金は大事ですが、自分にはもっと大切な仕事があると再認識させられた年末年始でした。


FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい

自分のすきな言葉:
「すべて商売は、売って喜び、買って喜ぶようにすべし、売って喜ばす、買って喜ばざるも、正しき商売の道にあらず。貸借の道もまた、これと同じなり」 By 二宮尊徳
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。



スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。