サブプライム問題のまとめ

サブプライムローン問題のまとめ:日々のニュースより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

サブプライム問題とドル安と金融工学の限界

もう後数日で今年も終わりです。
何事も起きることなく過ぎることを祈って、今年の総まとめです。


ドル安&サブプライム問題は金融工学の制約がすべて!

いわゆる金融工学、理論はちゃんと組み立てられていますが、大きな問題を抱えています。すべての計算において、平均や分散などのパラメータを決めなければならないことです。

パラメータをどうやって決めるかって?過去データを使います。逆に言うと、過去に起こったことは考慮に入れ、過去に起こっていないことは考慮に入らないのです。

サブプライム問題

サブプライム問題で考慮されなかったのは、米国の地価下落。なぜなら「米国の歴史に地価の大幅な下落は大恐慌以来存在しなかった」という今考えるとアホみたいな理由です。その前提の下、格付け会社はサブプライムCDOの格付けを行い、みんなこぞって不動産投資を行った結果がこれです。

ちなみに1997年のLTCMでも同じですね。このときも国がデフォルトするなんて想定されていなかったのが原因です。ただロシアという一つの国がデフォったのと、米国の地価バブルがはじけたのでは、影響の大きさがまったく違います。

ちなみに2002年のエンロンは、金融工学というより、会計の問題という認識をしています。

ドル安

これも典型的な金融工学的問題が原因だと考えています。1990年代以前、石油などコモディティに投資して、米国のインフレ率などを考えると、まったく儲かりませんでした。ところが2000年以降、いろんな要因から、石油価格が急上昇。コモディティは「儲かるアセットクラス」に化けてしまったのです。

アセットアロケーションを決めるとき、ヒストリカルデータ以外に使えるものがありません。その結果、歴史的に「儲かってきたアセットクラス」にお金が配分され、さらにコモディティの値段が上がるという悪循環に陥っています。

ドル建てで取引されるコモディティの価格上昇がドルのインフレ率を上回った結果、資源国に大量のドルが溜まりました。だって地面を掘ったらドル札が出てくるわけですから、資源国でドルの輪転機を回しているのと全く同じです。この輪転機は止まらないし、調節も出来ません。これからもずーっと回り続けドル札を量産し続けます。

そんなにドル札が刷られてどうなるか?ご自身でお考えください。

ちなみに今までは、あまったドルは米国の債券市場に投資できていました。サブプライム問題で債券市場が壊れてしまった今、ドルの行き場がなく、ドル余りがばれてしまったのです。


きっかけは小さなことです。戦争や好景気でコモディティの値段が跳ね上がったのです。そのきっかけから、世界中のお金がコモディティという小さな市場に流れ始め、コモディティの値段をさらに押し上げてしまった。ヒストリカルデータ頼みの金融工学の限界が原因です。


約半年このブログを読んで下さいましてありがとうございました。
また来年もよろしくお願い致します。


テニスのおじ様


FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい

自分のすきな言葉:
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。



スポンサーサイト

PageTop

きてしまったCDSのカウンターパーティートリガー

ぐっちーさんの所でずっとCDSについて警告されていましたが、
とうとう騒動がCDSトリガーに近づいてきました。

ロイターより。
ACAという債券保証会社がS&PにAからCCCに格下げされました。
ところがそのACAという会社、プロテクションの売りCDSを多数トレード
していた模様。ACAが立ち行かなくなってしまうと、そのトレードを
受けていた証券会社はどうなるのでしょうか?

これをきっかけにCDS取引のアンワインドが一気に広がると・・・。

想像力と理解力を全開にして対応しましょう。

FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい

自分のすきな言葉:
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。



PageTop

証券化商品を中心とした負のループ

Bloombergのニュースより。

今回の問題ですが、いつ収束するかを考えていますが、やっと分かりました。
この負のループが収束するまで無理です。
この負のループですが、CDOなどの証券化商品の発行残高が
数百兆円あることを考えると、格付け会社の作業量的にずーと続きそうです。

ちなみに今は負のループですが、ちょっと前まで完全逆回転の正のループでした。。。

CDOの格下げ

格付けに応じてCDOの価格低下

損失発生、市場混乱、クレジットスプレッド拡大、株価低下

その市場データを使用して、CDOを再評価

上に戻る



------------------------------------------------------------
JBN 17:36 ムーディーズ:CDO20兆円相当を格下げ方向で見直し中-影響拡大か


【記者:Jody Shenn】
  12月18日(ブルームバーグ):格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・
サービスは18日、今月初めの時点で米住宅ローン関連の債務担保証券(CDO)
1740億ドル(約19兆7000億円)相当が格下げ方向での見直し対象となってい
たことを明らかにした。

ムーディーズは11月に、仕組み金融証券で組成したCDO509億ドル相当
を格下げしている。格下げ対象は全体の約9.4%だった。12月にも大規模な見
直しが続いていることは、米国のサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅
ローン危機悪化を示している可能性がある。

また、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)はこの日、67億ドル相
当を格下げした。今までに570億ドル相当を格下げまたは格下げ方向の見直し
対象としている。

両社にフィッチ・レーティングスを加えた格付け会社3社は11月に、過去
最大規模となる2007のCDOを格下げした。モルガン・スタンレーは9日付の
リポートで、米国のサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン焦げ付
き急増が主な理由だと指摘した。サブプライム問題では、CDOが金融機関の
損失の最大の源になっている。

ムーディーズの発表によると、同社はCDOの格付け見直しを2006年より
前に組成されたものにまで拡大した。今後数カ月に「格付けについてのさらな
るマイナスの行動」を予想しているという。11月末時点では、ムーディーズが
格付けした仕組み金融CDOの32%が見直し対象となっていた。

原題:Moody's Had $174 Billion in CDOs on Downgrade Review (Update1)
(抜粋) {NXTW NSN JT9C3B07NBB6 }
---------------------------------------------------------------


FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい

自分のすきな言葉:
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。



PageTop

中国投資をお考えの方へ


http://www.jri.co.jp/JRR/2007/11/ct-risc.html

非常に分かりやすいレポートを見つけました。そこらの日本人エコノミストが書いているものとは重みが違います(ように感じました・・・)。

一番見ていただきたいのは中国のGDPとCPIの歴史的な関係。
「成長期が来てはインフレで終わる」の繰り返し。

中国のヒストリカルデータは集めるのがむずかしく実は自分は70年代からのGDPデータを見たのはこのレポートが始めてでした(勉強不足!)。

このレポートを直近のGDPやCPIを頭に思い浮かべながらお読み下さい。


FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい

自分のすきな言葉:
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。



PageTop

不動産ファンド当事者の告発 不動産が危ない!

不動産ファンド当事者の告発 不動産が危ない!不動産ファンド当事者の告発 不動産が危ない!
(2007/11/23)
山本 勇作

商品詳細を見る



週末に本屋で見つけました。大きな本屋でしたが1冊しかなかったので
あまり出回っている本ではないと思いますが、
よくここまで書きますね。
ハワイ在住の著者なので刺される心配はないのでしょう。

FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい

自分のすきな言葉:
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。



PageTop

これも実質公的資金!

昨日の米株はあがりました。昨日の予想大はずれ。
そして日本株は上昇。短観はボロボロ。
このブログには思うことを思うままに書き込んでいますので
そのつもりでお読みください。(ペコリ)

サブプライム問題について知ったかぶりをしていろいろ書き込んで
いますが、まだまだしらないことの多い未熟者です。

昨日FHLB(連邦住宅貸付銀行)のことをはじめて知りました。
政府系銀行、日本でいう政策投資銀行みたいなものなのでしょうか、
ここが9月以降、日本円でうん十兆円の資金を融資しているそうです。

なるほど。普通の資金調達ができない状態でみなどこから資金調達
していたか謎だったのですが、ここでした。
形態は担保付の融資らしいのですが、担保がなにか、期間はどれぐらいか
ちゃんと調べてみる必要がありそうです。もしその融資が焦げ付いたら
保障は米国政府です。これって実質公的資金です。

ということで、住宅公社とFHLBに公的資金を注入すれば
住宅も商業用不動産もすべて解決でしょう。まだまだ先の話ですが。



あともうひとつ、
そもそも今回の騒動は、CDOが発行できなくなって手元にハイリスク債券が残り
困った米系証券会社が、無理やり市場で売却してスプレッドが広がった
のが原因の一つと思っています。
どうやらやはり同じことが日本でも起きているっぽいです。
発端はやはり米系証券会社。無茶をするので市場が一つ死に、スプレッドが
ぐちゃぐちゃになったらしいです。いくら取引価格が見えないといっても
「壁に耳あり市場に情報網あり」なのに。
読者の皆様の今後の無事を祈って、アーメン。


FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい

自分のすきな言葉:
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。



PageTop

インサイダーではないけれど。。。疑問。

今日も株が意味も分からず爆下げしました。
アジア株広範に相当の売り注文がでていたようです。

なぜ?
将来の相場の動きを知っている人がいるのかしら・・・
今晩あるイベントはリーマンの決算発表

もし今晩米国の株が大きくさがると、
当然明日のアジア株も安くスタート。
今日先物を売った人は大もうけ。

ちょっとリーマンの決算発表を知っているあなた、
個別株はインサイダーなので売れないでしょうが、
その代わりにインデックスを売っていませんか?

インサイダーではないですが、日本人的感覚でいえば卑怯です。
もしこの仮説が正しければ、明日は寄りで下がったあと、買戻しが
入ります。

それともこの投資手法は常識なのでしょうか?

FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい

自分のすきな言葉:
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。



PageTop

MBS爆弾が炸裂!するかも・・・

相当前にお話をしていたMBS(住宅ローン資産担保証券)の評価の問題ですが、
とうとう爆弾が爆発しそうです。

MBSモデルの最大手Citiのイールドブックが「MBSモデルの前提を大幅に更新する」
とアナウンスしました。

予想通りインデックスのデュレーションが0.2年ほどのびます。
スプレッドは7bpほど縮小。

単純に考えると、2年債だと思っていたものが、2.2年になってしまったわけなので、
価格が変わっていないとその分はスプレッド縮小という形で吸収されます。

この爆弾が不発に終わるかどうか、MBSはさらに売られるのでしょうか。


FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい

自分のすきな言葉:
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。



PageTop

なるほど。準公的資金が勝手に投入

サブプライムで損をしたいろんな企業で「増資」がはやっています。
CITI、ファニーメイ、フレディマック、昨日はUBS,MBIA。

株での増資の引き受け先はほぼすべて外国の政府系ファンド。
米国&ドルが潰れると困る方々が積極的に介入中。

米国の債券市場が壊れてしまった以上、
手持ちのドルを使うのにはアメリカ株しか投資先がないのは確かなのですが、
今が「底」で「安い」と思っているのでしょうかね。
結局皆バブルで稼いだお金はバブルの処理で消えていくのでしょうか・・・。


株や為替市場は安心ムードに入っていますが、短期資金はあいかわらずショート中。
ABCP
あるかどうか分からないヘッジファンドの隠れ損
LBOローンCDOの評価
下落を始めた商業用不動産&イギリスの地価
超引き締め中 中国
隣の国韓国

だれか何とかしてください。

FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい

自分のすきな言葉:
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。