サブプライム問題のまとめ

サブプライムローン問題のまとめ:日々のニュースより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

MBS市場崩壊:格付け会社と同等の戦犯

最近の市場の荒れ具合を見ていて非常に違和感がありました。

クレジット市場の変動の中で、社債とMBSのスプレッドの動きがそれほど大差がないのです。

以前にも書きましたが、今回の事件の本質は米国不動産市場(住宅+商業用不動産)バブルの崩壊であり、不動産への融資を源泉にしたMBSはその損失をまともに被ります。

じゃあなぜMBS市場が崩壊しないか?それは証券会社がほぼ意図的に住宅価格の下落を無視しているからでしょう。具体的には、MBSモデルの大手、CとL。MBSモデルに住宅価格の下落をプライスインしていません。まだ様子見かなと思っていましたが、ここまで住宅価格の下落を目の当たりにしてモデルを修正しないのは、ほぼ意図的といってもいいと思います。まあ、今からモデルを修正すると市場に与えるショックが大きすぎるという面もありますが

モデルを修正するとどうなるか?
・デュレーションが伸びる(価格が下落)
・他のクレジット物との相対魅力度が低下(さらに売られる)

結局、今はきわめて割高になっているのです。

FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい

自分のすきな言葉:
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。



スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。