サブプライム問題のまとめ

サブプライムローン問題のまとめ:日々のニュースより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スワップのカウンターパーティーリスク

さて、イギリスでどこかのモーゲージ会社でとりつけ騒ぎがあったそうですね。ヨーロッパのいたる所で煙があがっていますね。日本でも東証1部の消費者金融会社が倒産・・・。

まあそういった普通の記事は別のサイトを見ていただくとして、こちらのサイトのテーマは、「想像力と分析」です。想像力を働かせて、次何が危ないかを考えましょう。

今日のテーマは、「スワップのカウンターパーティーリスク」です。

最近いろいろなスワップをみかけますが、スワップとはどこでも「契約」であり、カウンターバーティーリスクが存在します。契約を結んだのはいいが、結んだ相手先がなくなっていた・・・なんてならないよう、どこの会社でも、相手先の格付けに条件をつけています。勘のいいかたはもう気づかれましたね?そう、膨大なスワップ契約を持っている会社が格下げされた日には何が起こるか・・・想像不可能です。普通の金利スワップなどは別に他社に代えるだけなので問題ないと思うのですが、トータルリターンスワップなど、流動性のないものは・・・。全部アンワインドでしょうか。

来週大手投資銀行の決算が目白押しです。メリルリンチは、CDOなどの評価の見直しで決算に影響がでると発表しました。彼らのビジネスモデルはどれぐらい痛んでいるのでしょう。格付け会社は最近いい意味で非常にアグレッシブです。決算の結果、スワップのカウンターパーティーリスクが顕在化して、市場が荒れないことを注意しましょう。


FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい


自分のすきな言葉:
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」

これロジャースじゃなくてバフェットだという指摘を受けました。まだ確認がとれません・・・。


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。