サブプライム問題のまとめ

サブプライムローン問題のまとめ:日々のニュースより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

サブプライム問題とMBS市場への影響のまとめ(2)

ここ数日CDSがまた大きく拡大しました。
CPDOをお持ちの方、ご愁傷さまです。


サブプライム問題が発端となり、CDOのマーケットが消滅し、
LBOのリファイナンスが出来なくなり、そしてついには
CDS全体の拡大へとつながりました。

今日の論点はCDS拡大のなぜ?です。
想像力を働かせましょう。
LTCMを思い出しました。あの問題は、たかだが4000億円の
損失の押し付け合い
でした。今回は10兆円程度だとバーナンキは
言っていましたが、もし自分や自分のお客がサブプライムCDOを
持っていたらどうしますか?当然だまって損失をこうむるような
ことはせず、何とかヘッジしようとします。一番簡単な方法は、
株やCDSを使うことです。

株はインサイダー規制が厳しいので、CDSの方が簡単です。

例:自分は某B証券の社員。
  CDOの損をなんとかするために、自社のCDSをPayすることを検討。
  しかし自社のCDSでは道義的問題があるので、自社CDSの
  Compositeポジション
を作成して売却。CDOでは損がでるものの、
  発表時のCDSの値動きで損は帳消し。その代わり同業者のCDSが
  Compositeポジション売却の影響で拡大


この経済的効果は、
・自社の損をCDS市場全体に押し付け

・損失がCDS市場のレバレッジで増幅し、CDSスプレッドは拡大

・別のところで新たな損失が発生
⇒上に戻る

損失押し付けと増幅のスパイラルです。
今回は絶対損失金額とCDS市場のレバレッジが大きいのが特徴ですね。
あと前回指摘のMBS市場の問題もお忘れなく。

今日のFTに投資銀行のヘッジファンド融資姿勢の強化の話が
ありました。やはりレバレッジの逆回転は避けられそうにありません。






スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。