サブプライム問題のまとめ

サブプライムローン問題のまとめ:日々のニュースより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

サーブの振り方

次にサーブです。
日本人には、いわゆるビッグサーバーが
少ないです。身長のせいもあるかもしれませんが、
私はサーブの打ち方にあると思っています。

トッププロの打ち方
まわりのテニスをしているひとで、
サンプラスやロディックのように、
打ったあとひじを高く残してフィニッシュしている人は
いますか?ほとんどいないと思います。
また、かれらはあれだけものすごいサーブを打っていますが、
肩を痛めたという話はほとんどききません。
なにが違うのでしょう?
実はトッププロはサーブを打つとき
肩をほとんどつかっていません。

肩はスイングの初期に支点となりますが、
最初のほんの一瞬だけで、力はまったく入れていないのです。

何が間違いか?
サーブを教えるときに、ボールを投げるように教えられ
た方いらっしゃいますか?
この教え方はボールをとばすという意味では正しいですが、
肩を使い手首を使わないというトッププロと正反対の
フォームになります。このフォームではやいサーブ
打とうと力を入れてラケットを振ると、肩を痛めます。

もうひとつ、速いサーブを打つ時に必要なことは
スイングスピードを上げることですが、
体を前に倒してはいけません。力を入れてはいけません。
力を入れて、体を前に倒しても、スイングスピードをあげることには
あまりつながりません。
強い筋肉で加速度を発生させ、それを無駄なく
ラケットにつたえることが必要です。
具体的には、ひざをのばす力と大胸筋でラケットを加速します。
ひざをのばす上向きの力を大胸筋に伝え、
ラケットを上向きに加速します。
加速された所に打点がありますので、
打点は頭の上ちょい後ろ目、右肩の真上ぐらいになります。

ロディックのサーブがベストのイメージです。

正しいフォームを身につけよう
このフォーム、身につけたくても
日常生活の中にはない動きなのでコツがいります。

必要なものはただひとつ
バドミントンのラケット
です。

バドミントンのラケットを振ってみてください。
ボールなげのように振ってみてもいい音がでません。
振り方は次のようになります。

1)しっかり左手をあげる、右ひじをひく
2)左手を下ろす勢いで右胸を張り、その勢いで
  スイング開始、
3)ラケットが上がった所で、ひじを返し、手首から
  先をはしらせる。頭の上でひじから先だけ返る形に
  なります。
  手首とひじの返りにくい方は、
  薬指と小指を離して、指3本でラケットを握って
  振ってみてください。手首が返る感覚がわかると思います。

どうですか?ビュンといい音がでましたか?
こんなイメージでどうぞ。

http://www.sportsclick.jp/badminton/01/index06.html

しっかり振り方が上半身に染み付いたら
2)の前にひざを軽くまげてひざを伸ばすところから
スイングを開始しましょう。
これはバドミントンのスイングですが、よく見ると
ロディックのサーブそのものです。
しっかり素振りをして、ビッグサーブをものにしてください。

ちなみにスマッシュ、特にジャンピングスマッシュも
完璧にバドミントンと一緒です。
テニスと一緒にバドミントンはいかがでしょうか?








スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。