サブプライム問題のまとめ

サブプライムローン問題のまとめ:日々のニュースより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ボレー!

今回はボレーのコツです。

打つ前と打った後に分けてご説明します。

打つ前
1)軸足にしっかり体重をのせる
  (フォアボレーなら右あし)
2)ラケットのセット(顔のすぐ横ぐらいでOK)
です。
軸足にしっかり体重をのせ、ひざをまげても
グラグラしないよう、脚力をつけましょう。
低いボールがきたときそれに合わせてひざをまげますので
脚力は非常に重要です。

打った後

1)ボールがきたらそれに合わせて軸足をけり、
  体を前に運び、それとともにボールをラケットで
  捕らえてください。
  ここまでは、
ボールを右手でキャッチする感覚です。

2)ボールをキャッチ後、しっかりボールを
  ボールを飛ばす方向に押し出します。
  うでがのびきるまで押し出して下さい。
  顔のすぐ横にラケットをセットしていましたので、
  曲げていたひじを全部のばして腕を前に突き出す
  かっこうになります。
  よく雑誌では、ラケットの面を後ろから除くように
  と書いてありますね。これは正しいです。
  腕を伸びきるぐらいまで、打つ方向に押し出す 
  ことが重要です。
  スイングとしては、より極端なインサイド・アウトです。

 こちらのサイトのムービープレイヤーという
 コーナーで、トッププロのフォームをご覧下さい。 
 http://tennisclub.ne.jp/
 いちばん参考になるのは、ギャンビルの決めバックボレー
 です。インサイド・アウトのスイング、うでが伸びるまで
 しっかりボールをプッシュしている所が非常に参考に
 なります。他の選手のフォームは練習で気を抜いている
 のか、ボールの押し出しがぜんぜんたりません。
 「ラケットに あてているだけ。」これでは威力のある
 ボレーは打てません。悪い参考にしていただければと
 思います。

 ギャンビルのボレーのイメージで、素振りも
 行ってください。

 

スポンサーサイト

PageTop

サーブの振り方

次にサーブです。
日本人には、いわゆるビッグサーバーが
少ないです。身長のせいもあるかもしれませんが、
私はサーブの打ち方にあると思っています。

トッププロの打ち方
まわりのテニスをしているひとで、
サンプラスやロディックのように、
打ったあとひじを高く残してフィニッシュしている人は
いますか?ほとんどいないと思います。
また、かれらはあれだけものすごいサーブを打っていますが、
肩を痛めたという話はほとんどききません。
なにが違うのでしょう?
実はトッププロはサーブを打つとき
肩をほとんどつかっていません。

肩はスイングの初期に支点となりますが、
最初のほんの一瞬だけで、力はまったく入れていないのです。

何が間違いか?
サーブを教えるときに、ボールを投げるように教えられ
た方いらっしゃいますか?
この教え方はボールをとばすという意味では正しいですが、
肩を使い手首を使わないというトッププロと正反対の
フォームになります。このフォームではやいサーブ
打とうと力を入れてラケットを振ると、肩を痛めます。

もうひとつ、速いサーブを打つ時に必要なことは
スイングスピードを上げることですが、
体を前に倒してはいけません。力を入れてはいけません。
力を入れて、体を前に倒しても、スイングスピードをあげることには
あまりつながりません。
強い筋肉で加速度を発生させ、それを無駄なく
ラケットにつたえることが必要です。
具体的には、ひざをのばす力と大胸筋でラケットを加速します。
ひざをのばす上向きの力を大胸筋に伝え、
ラケットを上向きに加速します。
加速された所に打点がありますので、
打点は頭の上ちょい後ろ目、右肩の真上ぐらいになります。

ロディックのサーブがベストのイメージです。

正しいフォームを身につけよう
このフォーム、身につけたくても
日常生活の中にはない動きなのでコツがいります。

必要なものはただひとつ
バドミントンのラケット
です。

バドミントンのラケットを振ってみてください。
ボールなげのように振ってみてもいい音がでません。
振り方は次のようになります。

1)しっかり左手をあげる、右ひじをひく
2)左手を下ろす勢いで右胸を張り、その勢いで
  スイング開始、
3)ラケットが上がった所で、ひじを返し、手首から
  先をはしらせる。頭の上でひじから先だけ返る形に
  なります。
  手首とひじの返りにくい方は、
  薬指と小指を離して、指3本でラケットを握って
  振ってみてください。手首が返る感覚がわかると思います。

どうですか?ビュンといい音がでましたか?
こんなイメージでどうぞ。

http://www.sportsclick.jp/badminton/01/index06.html

しっかり振り方が上半身に染み付いたら
2)の前にひざを軽くまげてひざを伸ばすところから
スイングを開始しましょう。
これはバドミントンのスイングですが、よく見ると
ロディックのサーブそのものです。
しっかり素振りをして、ビッグサーブをものにしてください。

ちなみにスマッシュ、特にジャンピングスマッシュも
完璧にバドミントンと一緒です。
テニスと一緒にバドミントンはいかがでしょうか?








PageTop

正しいフォームとは?(1)

まずフォア・バック両方に共通する正しいフォーム
条件を挙げてみます。

まずバックスイング
・バックスイング完了時にしっかり肩が入っていること
・体幹の筋肉を張ること、この張りでラケットを振ります。
  フォアの場合は大胸筋、
  片手バックの場合は左肩外側の筋肉
  両手バックの場合、腕全体または肩がのびます
  ボレーの場合は、手首の内側でしょうか。
・ひざを少しでいいので曲げること:
  スイング始動時にひざを少し伸ばす勢いを使用します。
・うでの力を抜くこと
  力ではボールはとびません。うでの力を抜き
  ムチのように使います。
一番大切なこと
・ラケットのセットの位置(ストローク)
  バックスイング完了時、ラケットは自分の打点
  の約30cmぐらいまっすぐ後ろにセットします。
  これで十分です。
  ラケットを引くというより、肩を入れる、ラケットを
  体の横に少し離してセットする、という感覚になります。
  絶対後ろにひいてはだめです。  


バックスイング完了時のラケットの位置と打点を結んだ
  直線は、ボールの飛んでいく直線になります。
  現代テニスでは、体の回転を使ってラケットを振りますが、
  ラケットの軌道は円運動ではありません。
  ボールにあたるまでは直線、その後円を描きます。

フォアハンドのイメージ

フォアハンドのイメージ


   
  
  アウト・イン・アウトという言い方をすることが多いです。
  体から距離で言えばそんな感じでしょうか。特に
  アウト・インが重要です。

  小さく引いて、振り遅れを防ぎ、打点のずれを小さくした上で
  体にためたエネルギーを使ってラケットをしっかり振って
  ボールを飛ばしましょう。
  トッププロのフォームを見てみましょう。ほぼこれらの条件を
  満たしています。






PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。