サブプライム問題のまとめ

サブプライムローン問題のまとめ:日々のニュースより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

11/26 市場の関心はすでにスペイン?独版FTより、”ポルトガル政府への圧力はスペイン救済を回避する狙い” もう少し大きめの救済パッケージが出るまで今のまま荒れた状態が続きそうですね。



11/26 ロイターより、英国が「幸福度指数」を導入、来年4月から調査=キャメロン首相。 どんな数字が出てくるか興味があります。

11/26 ユーロ情勢、アイルランド合意にもかかわらず改善せず。ユーロは今後中央国と周辺国との格差拡大が問題になる模様。あわせてポルトガルやアイルランドの不安定な政治状況も大きなリスク。個人的にはスペインにまで話が拡大したときが手の引き所。


11/19 ブラジルレアル建て資産への投信フローが明らかに減速してきました。ブラジル国内の景気も以前ほどは強くないため、注意が必要です。中国もはインフレに苦しみ、ブラジルも通貨高に苦しんでいます。一方米国の景気はピックアップしているように見えます。世界経済は転換点かもしれません。

11/15 ユーロ圏で危機感が高まってきました。アイルランドの政府負担が膨らみ、ドイツはその負担を債券保有者に求める方針と報道。アイルランドは来月の議会補欠で与党の過半数割の危機も。今日発表のギリシャの財政赤字修正、ポルトガル外相のユーロ離脱シナリオへの言及、イベントが目白押しです。





FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい
自分のすきな言葉:
「すべて商売は、売って喜び、買って喜ぶようにすべし、売って喜ばす、買って喜ばざるも、正しき商売の道にあらず。貸借の道もまた、これと同じなり」 By 二宮尊徳
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。


スポンサーサイト

PageTop

8/6 小麦が爆騰中。必然的に他の食料も値上がりするでしょう。 恐れていたスタグフレーションの危機です。



8/6 邦銀勢の外国債投資が加速、「日本化する米国」に照準か http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-16676720100806?feedType=RSS&feedName=businessNews&utm_sourc

8/5 これ面白い。 天安沈没の深層 http://tanakanews.com/100507korea.htm

8/5 米ドルはメタメタ。円は対ドルで過去最高水準でこれ以上の上昇には介入の警戒が伴う。つまり円は今が最高値?今こそ外貨買いです!!

8/4 韓国で緊急の銀行検査が実施されています。その影響でいくつかの銀行の決算が延期。主に不動産関連融資の影響を検査するのが目的でしょう。先日のKBファイナンシャルの赤字決算もこの影響の模様。いろんな指標を見ると不動産は50%ぐらい下がっても不思議でないのですが、どれぐらいのストレスをかけるかが注目です


8/3 民間調査会社のオーストラリアン・クロップ・フォーキャスターズ(ACF)は2日、 オーストラリア最大の小麦生産地域である西オーストラリア州の小麦収穫高が、 干ばつの影響で大きな打撃を受ける恐れがあると明らかにした。

8/3 コモディティインフレ再び。世界中で株や債券といった伝統的資産の収益率が低下。直近パフォーマンスのよいものといえば、コモディティ。再びコモディティに資金が集まり世界中がコモディティインフレになる雰囲気です。コモディティインフレに強いのは円資産でしょうか・・・。

8/2 7月の中国乗用車販売台数、前月比3.4%。ただし、銅の値上がりが継続。中国政府筋に買いという情報あり。上昇する中国株と合わせ、中国の景気対策が始動している可能性ありなので要注意。


大切なことを忘れていました。韓国KBファイナンシャルグループが2Q赤字。大幅な引き当て金積み増しのため。さあ、韓国金融機関は不動産バブル崩壊にどう耐えるか?







FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい
自分のすきな言葉:
「すべて商売は、売って喜び、買って喜ぶようにすべし、売って喜ばす、買って喜ばざるも、正しき商売の道にあらず。貸借の道もまた、これと同じなり」 By 二宮尊徳
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。


PageTop

またまた久しぶりの更新です。
最近更新していないのは、本当に何も起きる気配がないからです。



しばらくは何も起こりません。金融機関が倒れそうになっても、結局全部政府が助けに入ります。
FRBもECBも低金利を継続します。

インフレが怖いのですが、あと2,3カ月は話題にならなさそうです。
唯一の不安は、インフルエンザ。強毒性インフルエンザの記事にだけ注意しましょう。
以上です。

ああ、平和だ。


<今年の焦点>
・社債もMBSも「すべて国債」になってしまった米国の債券を世界のだれが買ってくれるか?
⇒ ドルがあまっているため、FRBの買い入れも含めて問題なさそう
・今の原油価格では産油国は破綻する。破綻前にもだえて破片を飛び散らす国はどこか?
⇒ 原油価格上昇で解決!
・欧州と中国の不良債権問題がどの程度深刻化するか?
・インターネットを止める国が出てくるか?

FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい
自分のすきな言葉:
「すべて商売は、売って喜び、買って喜ぶようにすべし、売って喜ばす、買って喜ばざるも、正しき商売の道にあらず。貸借の道もまた、これと同じなり」 By 二宮尊徳
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。


PageTop

リーマン倒産その後を考える:問題は「資本不足」

PIMCOのひげおじさんが問題の本質を指摘していました。
流動性ではなく、「資本不足」と。

この意見に実は大賛成です。

今まで起こったことをまとめます。米国では家計と住宅価格を中心に資産が増え、住宅ローンを中心に負債も増え、経済が拡大していきました。

ところが、住宅価格が下落すると、信用コストが上がり負債が増えます。信用コストが上がると株価が下がります。住宅価格も下がっているので資産が減ります。つまり、資産が減って負債が増えるという「負債超過」の状態になるわけです。

負債超過は家計では「住宅ローン等の延滞」という形で現れ、金融機関レベルでは損失という形で累積され、とうとう米国の金融機関は負債だらけになってしまったのです。

負債が多いなら、資本を調達する必要があります。最初、中東のドアをノックして、数兆円お金をわけてもらいました。しかしそのお金はすぐに損失で消えてしまい、中東はドアを閉ざしてしまいました。今まで空いていたサムライ債という窓も、今回リーマンのおかげで完全に締め切られてしまうことでしょう。他にも優先株や社債という窓もありましたが、すべて損失で消えてしまったため、窓を閉じられてしまっています。

世の中お金はジャブジャブあります。しかし、米国に無条件で出資できる性質のお金はビタ一文ありません。これが「資本不足」の原因です。経済のグローバル化で資本が国境を越えて蓄積されてしまったがために、米国のお金ではなくなってしまったのでしょう。

今回のリーマンの事件で、もう外部からお金を調達する窓口はなくなってしまいました。残された方法は米国財務省がドル札をたくさん刷ることだけでしょう。

グローバル経済の減速とエマージング投資からの資金回収 → ドル高
公的資金の注入と米国債の増発 → ドル安
軍隊の出動と国際情勢の緊迫 → ドル高?スイスフラン高?

この3つのバランスを注視しています。

FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい

自分のすきな言葉:
「すべて商売は、売って喜び、買って喜ぶようにすべし、売って喜ばす、買って喜ばざるも、正しき商売の道にあらず。貸借の道もまた、これと同じなり」 By 二宮尊徳
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。

PageTop

ポニョ

NZDとAUD。ちなみにEURも。対円での為替の証拠金取引は相当痛んでいると思います。皆様ご無事でしょうか?

今日は全く関係のない話を少し。「ポニョ」の話です。
宮崎アニメは(というか監督自身)、方向性が「もののけ姫」「ハウル」以降はっきりしていて、宮崎監督の持つ世界観や主義主張がたっぷり盛り込まれており、その反面けっこう尻切れとんぼというか、細かい所は放置というつくりになっています。

先週末「ポニョ」を見たのですが、子ども向けの映画・・・かもしれないけど、本当は日本人の大人向けなんだと思います。外国人には分からないことだらけでしょう・・・。

見て感じたことですが、
・DNA組み換えへの批判?
・強い母親像
・現代の老人医療と介護の問題
・赤ちゃんと母親
・海の汚れなどの環境破壊

監督自身、「ナウシカ」のような自然との共生、昔の日本が理想にあるのでしょう。個人的には同感です。「カリオストロ」や「トトロ」を期待して行くと「???」ですが、見方を変えるとものすごく重たい映画です。

FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい

自分のすきな言葉:
「すべて商売は、売って喜び、買って喜ぶようにすべし、売って喜ばす、買って喜ばざるも、正しき商売の道にあらず。貸借の道もまた、これと同じなり」 By 二宮尊徳
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。

PageTop

オーストラリアの住宅市場の急減速

オーストラリアの住宅市場が急減速しています。理由はよく分かりませんが、減速スピードは
めちゃくちゃはやいです。皆住宅市場に関してはナーバスになっているのでしょう。

もうひとつ理由として疑っているのは、オーストラリアの銀行の収益構造です。
オーストラリアの銀行といっても実は思いっきりイギリス連邦にエクスポージャーを持っていて、

オーストラリア75%
イギリス15%
ニュージーランド10%

ぐらいの比率で商売をしています。ピンときますね。イギリスとニュージーランド。住宅市場下落真っ只中のこの2つを抱えているオーストラリアの銀行、自国でも当然引き締めるでしょう。オセアニア通貨ほんとに風前の灯です。


FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい

自分のすきな言葉:
「すべて商売は、売って喜び、買って喜ぶようにすべし、売って喜ばす、買って喜ばざるも、正しき商売の道にあらず。貸借の道もまた、これと同じなり」 By 二宮尊徳
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。

PageTop

IMFのエコノミスト

IMFのエコノミストの発言です。Bloombergより。
全く同感です。トレンドの継続、世界的なリセッション、産油国の供給抑制、これがキーワードでしょう。



【記者:Christopher Swann】
5月27日(ブルームバーグ):国際通貨基金(IMF)のエコノミストは
27日に発表した研究報告で、原油価格が大幅に上昇した場合、世界的なリセッ
ション(景気後退)を招きかねないとの見通しを示した。

IMFのヌールディン・クリチェン氏は研究報告で、原油価格が近いうちに
下落すると考える理由はないと指摘。原油市場の安定化には恐らく「慎重な金融
政策」が必要になると分析した。

  同報告書は「短期予測としては、現在見られるトレンドが持続することにな
るだろう」と予想した上で、「他の商品相場の激しい動きや、通貨の下落、金融
市場の悪化を考慮すれば、世界的なリセッションを招くことなしに、最近の原油
相場のトレンドがさらに継続することはないのではないか」と予測した。

  また「現在のトレンドの持続は激しい商品の高騰を招き、結局は維持できな
いことになり得る」と指摘。「より懸念されるのは、産油国が世界の埋蔵資源の
急速な値下がりへの懸念を強めていることだ。これは原油供給を抑制しかねな
い」と説明した。


FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい

自分のすきな言葉:
「すべて商売は、売って喜び、買って喜ぶようにすべし、売って喜ばす、買って喜ばざるも、正しき商売の道にあらず。貸借の道もまた、これと同じなり」 By 二宮尊徳
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。



PageTop

続く格下げ、損失の押し付け合い

格下げが続いています。S&Pが$52.7Billion分のCDOを格下げする予定だそうです。
5兆円分がAAAからAAに格下げされただけでも、今の市場価格と比較すると、10%ぐらい吹き飛びます。AAAからAに格下げされた日には、価値が半分になります。アーメン。

格下げに続き、損失の押し付けあいも続きます。昨日決算のあった米国のワコビア。前期末に比べて商業用不動産の貸し出しを三分の一にしていました。実際に叩き売ったのもあり、デリバティブでヘッジしたものもあるそうですが、どちらにしても市場をボコボコに壊してくれました。「ここ最近CMBSの市場をむちゃくちゃした犯人はお前か!」と言いたくなります。真偽のほどは分かりませんが。

それとオーストラリアのREITで、日本の不動産へ投資しているものがあるそうです。それが、最近の円豪ドルの変動で、証拠金が足りなくなり、為替ヘッジが出来なくなったそうです。そこに某日本の銀行がお金を貸していたり、持っている不動産が結構すてきだったり、こんな所にも影響があるんだなあと感心してしまいます。


FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい

自分のすきな言葉:
「すべて商売は、売って喜び、買って喜ぶようにすべし、売って喜ばす、買って喜ばざるも、正しき商売の道にあらず。貸借の道もまた、これと同じなり」 By 二宮尊徳
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。


PageTop

IMFよりまとめのレポート「金融機関損失97兆円」

元レポートです。

日本語の要約があるので、そちらをご覧下さい。非常にまとまっています。
http://www.imf.org/external/pubs/ft/gfsr/2008/01/index.htm

日本語要約
http://www.imf.org/external/japanese/pubs/ft/gfsr/2008/01/sumj.pdf

FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい

自分のすきな言葉:
「すべて商売は、売って喜び、買って喜ぶようにすべし、売って喜ばす、買って喜ばざるも、正しき商売の道にあらず。貸借の道もまた、これと同じなり」 By 二宮尊徳
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。


PageTop

とうとう始まったMoody's とS&Pの大量に格下げ

Moody'sとS&PがCDO/ABSを大量に格下げしています。
2-3ノッチは当たり前、AAAからの格下げも当たり前です。

今まで格下げ出来なかったものを市場が少し落ち着いていた今、「それーっ」と発表したようです。非常に分かりやすい。

株価は落ち着いていますが、この影響今後数週間で出てきます。
「格下げ→値下げ」ですので、CDOをもってしこっていたファンドは評価の切り下げを求められ、また大量に評価損がでます。アーメン。

ついでに、
昨日でた米国のInitialJoblessClaimひどかったですね。前日のバーナンキの発言はこれを知っていての発言だったのでしょう。こちらもアーメン。


FC2 Blog Ranking ← 深刻な問題なのでほかの人にも教えてあげて下さい

自分のすきな言葉:
「すべて商売は、売って喜び、買って喜ぶようにすべし、売って喜ばす、買って喜ばざるも、正しき商売の道にあらず。貸借の道もまた、これと同じなり」 By 二宮尊徳
「潮が引いたとき、誰が裸で泳いでいたかがわかる」 By バフェット

※このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。